コラムコラム

歯を作るスペシャリスト、歯科技工士とはどんな職業?

2017.09.28

shutterstock_432420496

 

入れ歯や差し歯など歯の修復物を作り上げるスペシャリスト的な職業「歯科技工士」。患者と対面することが少ないため一般的な認知度は低いですが、歯科現場を支える大事な職業です。今回は、歯科技工士の特徴や仕事内容をご紹介していきます。

 

歯科技工士とは?

 

「歯科技工士」とは、「歯科技工士国家試験」に合格した人のみが就くことができる、歯を作るスペシャリスト。歯科医療の技術専門職です。入れ歯や差し歯、歯の矯正器具などの制作・修理をおこなうのが主な仕事です。歯科医師から受け取ったデータをもとに製作していく、いわば縁の下の力持ち的な職業。近年は「しっかりと噛み食べること」が健康上重視され、また高齢化により歯科治療が必要な患者も増えて生きているため、これまで以上に重要視され、かつ高い技術も求められる職業となってきています。

 

歯科技工士と歯科医師の違い

 

歯科技工士と歯科医師は区別がつきにくい職業です。この2つの職業の違いを簡単にご紹介していきます。

「歯科医師」とは、歯科医師国家資格に合格した方のみが就くことができる、歯科治療のエキスパートです。歯科医師は、患者の診察や治療、予防処置などをおこなうのが仕事です

一方で「歯科技工士」とは、前述のとおり「歯を作る」ことが仕事です。歯科技工士の場合、歯科医のように患者の診察や直接的な治療はおこなうことができませんが、その分、歯を作る分野においては歯科技工士が大きな力となります。歯科技工士と歯科医師、どちらが上か下かというものではなく、お互いが協力して歯科治療を完成させるいわばパートナー的な関係性になります。

 

歯科技工士に求められるものは?

 

shutterstock_115646803

 

歯科技工士は、それぞれの患者の要望も組み入れ、その人に合った義歯を精巧に作り上げる必要があるため、物作りが好きな方、物作りが得意な方が向いている職業です。また、歯科医療は例年最新化が進んでおり、より良いサービスを提供するうえで新たな素材や技術の知識が求められることも多いです。このため、新しいものを追及する探究心や向上心も求められる職業と言えるでしょう。

 

歯科技工士はどこで働いている?

 

患者として見かけることはあまりありませんが、歯科技工士は歯科医師や歯科衛生士と同じように歯科医院内や病院で働いています。

また、義歯の制作を代行する「歯科技工所」や、歯科用の素材などを開発する一般企業で働くこともあります。

 

歯科技工士は歯科医療を影で支える大切な職業です。さらに高度な歯科治療が求められる中、今後はより重要性が高まる職業とも言えるでしょう。

 

 


< 前へ | コラムTOP | 次へ >

アクセス・院紹介アクセス・院紹介

新城パーク歯科クリニック新城パーク歯科クリニック

〒211-0045
神奈川県川崎市中原区上新城2-7-1
JR南武線 武蔵新城駅北口
はってん商店街をまっすぐ徒歩1分
044-740-6557
午前~昼
午後~夕方・夜
  • 平日 9:30~14:00/15:30~21:00
  • 土曜 9:30~12:30/13:30~18:00
  • 日曜 9:30~12:30/13:30~17:00
Go Top