コラムコラム

大人になっても乳歯が残る「大人乳歯」のリスクや原因

2017.12.07

shutterstock_710591296

 

乳歯というのはある程度の年齢になると自然に永久歯に生え変わりますが、稀に「大人乳歯」として残ってしまうこともあります。この大人乳歯はのちのち厄介な存在となることも。今回は、大人乳歯によるリスクや生じる原因、対処法についてご紹介していきます。

 

大人乳歯とは?

 

「大人乳歯」というのは、文字通り大人になっても乳歯(子供の歯)が残ってしまっている状態を指します。通常、乳歯は6歳~12歳までの間に、下から永久歯が生え乳歯の根を溶かすことで永久歯に生え変わりますが、稀に上手く生え変らず大人乳歯として残ってしまうことがあります。

 

意外にも気づかずに大人乳歯となっている方も多く、中には晩年を大人乳歯で過ごす方もいます。

 

大人乳歯のリスク

 

大人乳歯のリスクとしては、まず歯並び。乳歯と永久歯とでは性質が異なるため、大人乳歯が混じっていると、歯に隙間ができたり凹凸ができたりし、歯並びが悪くなることがあります。見た目にも影響しますし、食事の噛みごたえにも影響してきます。また遅くになって抜歯すると、永久歯が生えてこず、そこだけ歯がない状態になってしまうことも。

 

そしてもう一つ、虫歯になり易いということ。乳歯は永久歯よりも弱く虫歯になり易いです。このため大人になっても虫歯の頻度が増え、歯科に通う頻度が増えるリスクがあります。

 

大人乳歯はなぜ起こる、その原因と対処法

 

大人乳歯は、次のようなことが原因となります。

・乳歯の根が溶けない

通常は永久歯が生える際に乳歯の根を溶かし自然に乳歯が抜けますが、なんらかの原因で根が溶けずに乳歯が残ってしまうことがあります。この場合は、歯科で乳歯を抜歯することで永久歯に生え変えらせることができます。

・乳歯が歯茎に沈む

 

永久歯の生え変わりで根が溶かされた際に、乳歯が歯茎に食い込んだり、沈んでしまったりすることがあります。こちらもはっきりとした原因は不明です。このままでは永久歯が出てこないため、乳歯の抜歯で対処します。

・癒合歯(ゆごうし)
「癒合歯」というのは、2つの歯がくっついており、歯の根も2本ある状態です。乳歯、永久歯それぞれで2本の根があります。片方の乳歯の根しか溶けずに一方の乳歯が残ってしまうことがあり、永久歯に上手く生え変わらないことがあります。この場合も残った乳歯を抜歯することで対処します。

・欠損歯(けっそんし)

先天性によるもので、永久歯がもともと存在しない歯です。この場合は永久歯によって乳歯の根が溶かされないため、乳歯がそのまま残ります。対処法としては、抜歯して歯科矯正により生えてこない永久歯の隙間を調整する形となります。気にならない方は、そのまま抜歯せず乳歯を使い続ける選択肢もあります。

 

shutterstock_293341394

 

以上が大人乳歯のリスクや原因となります。
大人乳歯を抜歯せずそのまま使い続ける方もいますが、やはり歯並びや虫歯へのリスクが高まりますので、大人乳歯がある方は一度歯医者さんと相談してみるのがよいでしょう。


< 前へ | コラムTOP | 次へ >

アクセス・院紹介アクセス・院紹介

新城パーク歯科クリニック新城パーク歯科クリニック

〒211-0045
神奈川県川崎市中原区上新城2-7-1
JR南武線 武蔵新城駅北口
はってん商店街をまっすぐ徒歩1分
044-740-6557
午前~昼
午後~夕方・夜
  • 平日 9:30~14:00/15:30~21:00(最終受付20:30)
  • 土曜 9:30~12:30/13:30~18:00(最終受付17:30)
  • 日曜 9:30~12:30/13:30~17:00(最終受付16:30)
Go Top