コラムコラム

歯の矯正に掛かる期間

2018.03.30

036c52524f01e622bfc3418b0763c0ae_s

 

美意識の高い人や、歯の健康を意識する人にとって歯並びは重要な問題です。

しかし、一般的に歯列矯正には時間がかかるともいいます。

それでは、歯列矯正を始めてから完全に終わるまでどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

 

矯正治療前の準備期間は約1~2ヶ月

 

歯医者に相談した初日から歯列矯正を始められることはなく、治療をはじめる前の準備が必要です。この準備に約1~2ヶ月かかります。

準備期間中に行うこととしては、カウンセリング、精密検査、噛み合わせの確認などです。

歯医者側が、精密検査をする際に他の病院と連携を取ったり、検査結果から患者に適した治療プランを考え出したりするのに時間がかかることが多いです。

また、抜歯が不要な治療をしたい、などの要望がある場合は準備期間中に伝えるようにしましょう。

準備期間中であれば、治療方針の修正が行えますが、治療開始後の修正は困難です。

 

 

治療開始から終了まで約半年~3年

 

治療開始とはブラケットやマウスピースといった矯正装置を歯に装着する時点であり、終了とは矯正装置が完全に外れたときのことをいいます。

一般的には約半年~3年かかります。治療期間に数年かかることに対して疑問を感じる人は少なくありません。

一体なぜ時間がかかるのかというと、歯列矯正では歯の破壊と再生を繰り返す骨代謝という、歯が本来持っている機能を利用しています。

骨代謝をうまく利用するためには、弱い力を継続的に加えなければならず、結果的に長い時間が必要になるのです。

歯を無理矢理動かそうとすると、歯そのものや顎に大きな負担を与えかねないので非常に危険です。

どうしても期間を短縮したい場合は美容整形によって歯並びを整えることもできます。

しかし、あくまでも審美目的であって、治療ではない点に注意が必要です。

 

 

治療方法や年齢で矯正期間が変わる

 

治療期間は歯の状態だけでなく、治療方法によっても大きく異なります。

歯列矯正では、一般的な歯の表面にブラケットとワイヤーを装着する治療方法のほかに、歯の裏側に装着するものや透明のマウスピースを使った方法などもあります。

これらの方法は歯の表面に装着する矯正装置と比較すると目立ちにくい利点がある一方、治療期間は長引く傾向です。

また、年齢によって歯の動きやすさが異なるため、治療期間に差が生じることがあります。

一般的には若い人の方が歯の周りの新陳代謝が活発であるため、治療期間も短くなる傾向が高いです。

 

4092015bfb38eb2f45ee5d00580a0802_s

 

 

一人で悩まず歯医者に相談しよう

 

歯列矯正には準備期間と治療期間の2つがあります。

準備期間は約1~2ヶ月、そして治療期間は約半年~3年です。

しかし、治療期間に関しては歯の状態や治療方法などによって大きく異なるため一概には言えません。

歯列矯正をするかしないかについて一人で悩んでいても答えは見つからないため、まずは歯医者に相談してみましょう。

 


< 前へ | コラムTOP | 次へ >

アクセス・院紹介アクセス・院紹介

新城パーク歯科クリニック新城パーク歯科クリニック

〒211-0045
神奈川県川崎市中原区上新城2-7-1
JR南武線 武蔵新城駅北口
はってん商店街をまっすぐ徒歩1分
044-740-6557
午前~昼
午後~夕方・夜
  • 平日 9:30~14:00/15:30~21:00
  • 土曜 9:30~12:30/13:30~18:00
  • 日曜 9:30~12:30/13:30~17:00
Go Top